ニュースリリース

[このブログのフィードを取得]
[フィードとは]

2008年8月の記事一覧

10月15日スタート!「十勝地区第1期コスト削減研究会」のご案内

組織の“ムリ・ムダ・ムラ”徹底排除宣言!

組織の生産性向上・コスト削減を実現する“DIPS”という手法を用いて、
組織の“ムリ・ムダ・ムラ”を徹底的に排除することを目的とする
月1回全6回の“超実践型研究会”開催!


【DIPSとは?】
DIPS(ディップス)とは、知的業務に従事する人々の仕事の仕方を改善し、
生産性を高めるために開発した手法です。

1991年に発表されて以来、すでに多くの企業で導入され、ホワイトカラーの生産性向上に
多大な実績を残しています。
DIPSは知的作業者の生産性向上(Increasing Productivity of Intellectual People)の略で、
「IP」が2つ重なるためにDouble IP System 即ち「DIPS」と名付けられました。


[DIPSの基礎理論-知的作業者の生産性を左右する5つの要素]
ホワイトカラーの生産性を大きく左右する要素として、以下の5つを挙げることができます。
①作業環境の改善
頭脳労働者であるホワイトカラーの生産性を高めるには、社内や社外からの妨害を組織的に排除し、
まとまった時間、思考を集中できる環境を作ることが重要です。

②作業品質の明示
生産性を高めるために必要なことが、「このレベルまでやればよい」という作業品質(最終ゴール)
の明示です。

③作業手順の改善とスケジューリング技術示
正しい手順であれば生産性は高められ、誤った手順を踏めば生産性は低下します。
また、正しい手順を確実に遂行するための上手なスケジューリング技術も必要となります。

④作業方法の改善、開発と共有化
優秀な作業者の考えた成果の上がりやすい作業方法を、皆で共有し、
誰もが実行できるようにする…そのような体制の有無がオフィスの生産性を左右しています。

⑤コミュニケーションの改善
自分の任された仕事を効果的に、また効率的に遂行しようと思えば、周囲の人々との
コミュニケーションが欠かせません。


【コスト削減研究会】の特徴
①組織内に溢れている“ムリ・ムダ・ムラ”を徹底的に排除するための実践ノウハウを得られる
②得た知識を即現場で活用できる“超実践型”勉強会
③参加企業同士の情報交換やコスト削減事例を共有

【開催概要】
◆スケジュール
第1回:10月15日(水)
第2回:11月12日(水)
第3回:12月17日(水)
第4回:09年1月14日(水)
第5回:09年2月18日(水)
第6回:09年3月18日(水)

◆時間:13:30~15:30(※時間帯が変更になりました)
◆会場:帯広市内会場を予定(※参加者へは会場が決まり次第ご連絡いたします)
◆定員:10社(1社2名様まで、最低開催社数5社)

※各回DVD収録されますので、万が一出席できない場合でも、内容はきちんと
確認することができます。

◆講師:
メイン講師~PMC(株)代表取締役会長兼CEO 中野 善夫
サブ講師~PMC(株)コンサルタント 中村 裕昭

【プログラム内容】
第1回:
『正しいスケジュール管理によってコスト削減を実現する』

第2回:
『緊急性分解理論によってコスト削減を実現する』

第3回:
『業務プライオリティ管理によってコスト削減を実現する』

第4回:
『雑用の積極的処理によってコスト削減を実現する』

第5回:
『業務そのものを見直しコスト削減を実現する』

第6回(最終回):
『組織カイゼンのための“DIPS運動”』

【各回詳細内容】
第1回研究テーマ:「ゴール明示の原則」「マックス2の原則」
◆「アポ管理」は「スケジュール管理」ではない
◆「ゴール明示の原則」とは
◆業務をブレイクダウンする“披露宴”の視点
◆TB(タスクブレイクダウン)シートの活用
◆達成感と解放感を生み出す仕組み
◆「マックス2の原則」とは

第2回研究テーマ:「緊急性分解理論」
◆緊急事態にこそタイムマネジメント
◆「緊急性分解理論」とは
◆緊急事態を分解する6つのポイント
◆緊急事態を未然に防ぐ5つの視点
◆「緊急性分解理論」の業務改善検討への応用
◆TS(トラブルシューティング)シートの活用

第3回研究テーマ:「5つのPの定理」「ターゲット明示の原則」
◆プライオリティ管理の重要性
◆業務のプライオリティは何で決まるか
◆「5つのPの定理」とは
◆スピーディーな根回しの重要性
◆「ターゲット明示の原則」とは
◆ターゲットの明確化
◆環境の変化に応じた根回し

第4回研究テーマ:「雑用優先の法則と防衛サンマル・創造サンマル行動」
◆何が忙しさを作り出すか
◆「雑用優先の法則」とは
◆「防衛サンマル行動」とは
◆防衛サンマル行動シートの活用
◆知的生産性の「E&E」
◆「創造サンマル行動」とは
◆KISSのWA

第5回研究テーマ:「Dr.DIPS」「生産性向上実現の4つの視点まとめ」
◆ドラスティックな業務改善手法とは
◆革新すべき業務を明確にする
◆工数・頻度マトリックス
◆発想法を使って改善策を考える
◆思考の集中法
◆プレシンキングの重要性
◆タイムマネジメントの実践
◆標準化の繰り返し

第6回研究テーマ:「組織カイゼンのための“DIPS運動”」
◆社員別能力パターン分析設計
◆実務-工数管理能力マトリックス設計
◆問題発見視点整理シート設計
◆達成管理マネジメントプラン設計
◆マネジメント診断シート設計
◆DIPS運動期待成果整理表設計
◆DIPS運動の流れとゴール設計

※各回内容が変更となる場合がございます。予めご了承ください。


【参加費用】
私どもはこれまで様々な業種・業界にこの“DIPS”を取り入れてまいりました。
家具小売・ガラス工芸品小売・カーディーラー・広告出版・・・etc

企業規模にもよりますが、中小企業の域で言うと最大数千万のコスト削減
達成した企業が存在することは事実です。
中小企業であっても、組織の“ムリ・ムダ・ムラ”を徹底的に排除することで、
これくらいのコスト削減は十分可能なのです。

今回、その実践ノウハウのすべてを
十勝地区初開催特別価格 252,000円(税込、全6回分)
で手に入れることができます。

月額換算すると、ひと月わずか4.2万円!


組織の“ムリ・ムダ・ムラ”を徹底的に排除し、コスト削減に本気で取り組もうとお考えの方。
ぜひこの機会をお見逃しなく!!

※上記金額には各種テキスト代等すべてを含みます。
※参加費は原則一括払いにてお願いいたします。分割払いは要相談。


【お申込み・お問い合わせ】

研究会参加をご希望の方は、下記「申込フォーム」より
★お問合せ項目:「セミナー参加申込み」を選択し、
★お問合せ内容:「十勝コスト削減研究会申込」
とし、必要事項をご記入の上、「送信」ボタンを押して下さい。

「申込フォーム」ここをクリック
※別ウィンドウが開きます


さらに、

セミナーについてのお問合せ・ご質問も、上記「申込フォーム」より承っております。
★お問合せ項目:「サービスについてのお問い合わせ」
を選択し、お問合せ内容をご記入の上、「送信」ボタンを押して下さい。


詳しい話をすぐに聞きたいという方は、
電話番号:011-643-2805 担当:中村(ナカムラ)までお気軽にお問い合わせください。


それでは、10月の研究会でお会いできるのを楽しみにしております。